ダイエット効果もある豊胸手術について

クリニックで行われている豊胸手術の中には、胸のサイズアップ以外だけでなくダイエット効果も得られる手術があります。

それは、脂肪注入法と呼ばれる豊胸手術です。

この豊胸手術は、自分の身体の二の腕や背中、おしりや太ももなどの余分な脂肪を吸引して、その脂肪を胸に注入することでバストアップをはかる手術法です。



ほかの生理食塩水やシリコンバッグなどの人工物を挿入するプロテーゼ法やヒアルロン酸を注入する方法に比べて、バストアップと同時に脂肪を吸引できる点が大きく違います。



もともと自分の身体の脂肪を利用するため、プロテーゼ法のようにレントゲン検査やマンモグラフィ検査が受けられなくなるという支障がなく、触り心地も自然な点が魅力です。

豊胸手術をしたことを周囲に知られたくない人にとって、おすすめです。

プロテーゼ法のように2カップ以上の大幅なサイズアップはできませんが、自然なバストをつくることができる点が最大の魅力です。



注入した脂肪は、徐々に体内に吸収される可能性がありますが、現在は吸収されにくいように改善がされており、注入した脂肪の定着率は少しずつ上がってきています。

授乳にも影響がありませんので、妊娠や出産を将来的に考えている女性にも人気があります。
この脂肪注入法では、自分の脂肪を用いるため痩せ型の人のように余分な脂肪がない人は行えない手術です。痩せ型の人の場合は、ヒアルロン酸注入法やプロテーゼ法を適しています。